最新情報

☆☆☆最新のねじ情報誌「やまりん新聞」は弊社ショッピングサイトからダウンロードできます。☆☆☆

管用平行めねじについて(第34号)

今回は管用平行めねじの許容差について説明します。管用平行めねじは前回説明したように、
1.平行おねじGと組み合わせる平行めねじG
2.テーパおねじRと組み合わせる平行めねじRp
があります。JISによると、1インチの場合に両者は表3のような寸法許容差になります。
平行めねじGは機械的接合に使用されるため、有効径のばらつきを小さくして、おねじとめねじの嵌めあいがスムーズになるようにし、
平行めねじRpは耐密性を確保するため、谷の径と内径のばらつきを小さくし、おねじとの隙間が生じないようにしていると考えられます。

基準寸法
めねじ(mm)
めねじ許容差(μm)
ねじの呼び 谷の径 有効径 内径 谷の径 有効径 内径
G1 33.249 31.770 30.291 0~
規定しない
0~180 0~640
Rp1 33.249 31.770 30.291 -181
~181
-181
~181
-181
~181

 

年別アーカイブ

PAGE TOP