最新情報

☆☆☆最新のねじ情報誌「やまりん新聞」は弊社ショッピングサイトからダウンロードできます。☆☆☆

各種キャップスクリューについて(第81号)

代表的なネジのひとつに「六角穴付きボルト」があります。別称、キャップスクリューとか
キャップボルトとも呼ばれています。英語では「Hexagon socket head cap screws」と表記されます。

図1 六角穴付ボルト

一般的なキャップスクリュー以外に下記のような仲間があり、バリエーションも豊富です。
・頭の高さは同じで、頭径を小さくしたもの
→小頭
・頭径は同じで、高さを低くしたもの
→ローヘッド
・頭径も小さく、高さも低くしたもの
→小頭ローヘッド
・頭径はほぼ同じで、高さを極く薄くしたもの  →極低頭
・頭径も小さく、高さを極く薄くしたもの
→小頭NSローヘッド
参考のため、表1に頭の寸法を比較しました。

表1 各種キャップスクリューのサイズ比較
種類 M3 M4 M5 M6 M8 M10
φd k φd k φd k φd k φd k φd k
一般キャップスクリュー 5.5 3 7 4 8.5 5 10 6 13 8 16 10
小頭 4.5 3 5.5 4 7 5 8.5 6 10 8 13 10
ローヘッド 5.5 2 7 2.8 8.5 3.5 10 4 13 5 16 6
小頭ローヘッド 4.5 2 5.5 2.8 7 3.5 8.5 4 10 5 13 6
極低頭 6 1.3 8 1.5 9 1.5 10 1.5 13 1.5 16 1.5
小頭NSローヘッド 4.5 1.3 5.5 1.5 7 1.5 8.5 1.5 10 1.5 13 1.5

ところで、色々な箇所に使用される「ローヘッドキャップ」ですが、一例として、図2のように、薄いプレート類の固定に用いられる「皿ビス」に替えて、「ローヘッドキャップ」を使用すると、取付け穴(いわゆるバカ穴)とボルト径に自由度ができるので、相手側のネジ穴とのピッチのズレを吸収することができます。

図2 皿ネジとローヘッドキャップ

 

年別アーカイブ

PAGE TOP