最新情報

☆☆☆最新のねじ情報誌「やまりん新聞」は弊社ショッピングサイトからダウンロードできます。☆☆☆

六角穴付きボタンボルトの規格について(第111号)

前回は、六角穴付き皿ボルト(皿キャップ)の規格が複数あり、違った規格のネジを使用すると頭の出っ張りが異なり、クレームになる場合があることを説明しました。
同じことが、六角穴付きボタンボルト(ボタンキャップ)にも言えます。規格については皿キャップと同様、主にSSS(日本ソケットスクリュー工業協同組合)規格とJIS B 1174があります。両者のそれぞれの規格を表3と表4に掲載します。

両者の大きな違いは頭の高さにあり、SSS規格の方が頭が高くなっています。ボタンキャップは装飾目的で使用されることが多く、頭の高さが違うと見栄えが悪くなりますので、要注意です(図1)。

図1 頭部高さの違いにより見え方が異なる

 

図2 六角穴付きボタンボルト

 

表1 六角穴付きボタンボルトSSS規格(SSS 003)
ねじの
呼び
頭部径
dk
頭部高さ
k
六角穴深さ
t
M3 5.2~5.5 1.85~2.15 1.25~1.55
M4 7.2~7.5 2.45~2.75 1.65~1.95
M5 9.1~9.5 3.25~3.55 2.25~2.55
M6 10.1~10.5 3.8~4.2 2.6~3.0
M8 13.5~14.0 4.8~5.2 3.3~3.7
M10 17.5~18.0 5.8~6.2 4.0~4.4

 

表4 六角穴付きボタンボルトJIS規格(JIS B 1174)
ねじの
呼び
頭部径
dk
頭部高さ
k
六角穴深さ
t(最小)
M3 5.4~5.7 1.4~1.65 1.04
M4 7.24~7.60 1.95~2.20 1.3
M5 9.14~9.50 2.50~2.75 1.56
M6 10.07~10.50 3.0~3.3 2.08
M8 13.57~14.00 4.1~4.4 2.6
M10 17.07~17.50 5.2~5.5 3.12

 

年別アーカイブ

PAGE TOP